低空飛行

気負わず背伸びせず、アウトプットの練習をします。

ウイスキーで果実酒を作る

安物のウイスキーが余っていたので

いつだったかコンビニで買った安物のウイスキー(角でもトリスでもなく、なにやら見慣れないやつ)がずっとほとんど手つかずのまま残っていたので、果実酒を作ることにしました。

料理などに使うこともできそうだったのですが、少量しか消費できなさそうだったのでやめました。

 

レシピは大手メーカーのサイトを参照

ニッカのサイトで紹介されているレシピを参考にしました。今回のウイスキーはニッカではないが……細かいことは気にしません。

www.nikka.com

どのレシピも気になりましたが、今回ウイスキーに漬ける果物はいちごにしました。他のサイトでもおすすめされていたので、ウイスキー×いちごは定評のある組み合わせのようです。

 

材料を調達

  • ウイスキー
  • いちご(とちおとめ)
  • レモン
  • 氷砂糖
  • 保存用の瓶(1L)

ウイスキーは上述の通りコンビニで購入。残りは全てスーパーで購入しました。

 

作る

まず瓶を熱湯で適当に消毒して十分乾かしたのち、材料を全部ぶち込む。終わり。

4日間冷暗所に静置したのち、フルーツを除いて完成です。

1日経過した時点で氷砂糖が完全に溶け、始めは沈んでいたフルーツが浮いてきているのが確認できました。いちごのアントシアニンが抜けてウイスキーが赤っぽく色づき、きれいです。

 

飲む!

取り急ぎ炭酸で割って飲みましたが、なかなか良い感じでした。甘くて、いちごの香りがしっかり移っており、シロップのよう。アイスに掛けても良いみたいです。ただの安ウイスキーだったころは食指が動きませんでしたが、これならデザート感覚でこつこつ消費できそうです。はい。この試みは成功しました。

取り出したいちごとレモンはとりあえずタッパーに保存しておきました。朝にヨーグルトと合わせて食べようと思います。