低空飛行

気負わず背伸びせず、アウトプットの練習をします。

初めての日本科学未来館

博物館デートの気分だったので

先々週の土曜日、彼と日本科学未来館に行ってきました。始めは上野の科学博物館(常設展大好き)に行こうとしていたのですが、生憎その週末のチケットは既にsold outということだったので(新型コロナで時間入場制になっていました)、代替案としてGoogle検索に出てきたのが日本科学未来館でした。こちらはすんなりチケットの予約ができました。

未来館、めちゃくちゃ面白い

未来館は名前の通り、未来を想像させるような最先端テクノロジーに関する展示がメインの博物館です。具体的にはロボット、AI、それらを利用した新しい社会システム、はたまた宇宙や未来の地球環境といった内容です。

私は行くのが初めてだったのですが(多分)、とても面白かったです。最近好きなNewsPicksの番組、Weekly Ochiaiの落合陽一さん(研究者で本を何冊か出していて父親が有名な作家であることは知っているが、活動の全貌はまだよく知らない)が監修した展示もあって楽しめました。定期的に足を運びたい場所がまたひとつ増えてしまいました。

上野の科博もそうですが、内容が濃いので、じっくり回ろうと思うと1日じゃとても足りません……。先に体力が無くなってしまう。

関連して、最近興味があること

新型コロナ流行の影響もあってか、最近日本でもついに働き方や教育などの面で新しい時代に入ってきている感じがあります。個人的にも、これからのデジタルトランスフォーメーションを支える先端技術が最近とても気になっています。

知らない分野の勉強は面白いです。とりわけ人工知能やIoTなどは、生活はもちろん、きっとこれからは仕事にも益々関係してくる技術分野だと思われるので、更に興味津々です。

そのあたりのリテラシーを身に付けたいなと思い、先日ディープラーニング協会がやっているG検定を受検してみたりなどしました。未来館に行ったのは実は勉強の息抜きがてらだったりしました。合否結果はまだ出ていないので、結果がわかったらまた振り返りとしてブログに書きたいと思います。受かっていると良いな……。