低空飛行

気負わず背伸びせず、アウトプットの練習をします。

コロナ禍と最近の個人的成長

最近感じた成長

社会への関心が高まった

政治や経済に対して、ちょっと興味が持てるようになりました(あほなのでこれまでほとんど関心が無かった)。今回のアウトブレイクによる社会全体への影響が日常へ波及する程大きかったので、察しの悪い頭でもどうにか自分事として捉え始めたようです。社会人になってから丸2年経ってようやく日経電子版に毎朝目を通す習慣がつきました。最近ではNewsPicksに登録してみたり中田敦彦氏を始めとする教育系YouTubeチャンネルを覗いてみたり、人文・社会科学系分野に関して大人として恥ずかしくないレベルのリテラシーをなるべく楽に身につけたいなーという感じです(YouTube大学面白いです。GWめっちゃ見た)。

今はほとんどエンターテインメントとしての消費に終始していますが、そのうちもっと自分の中に落とし込んで具体的な何かに繋げていければ良いですね(何かってなんだ)。

自身の専門性に対する動機付け

大学・大学院で生命科学を学び、何だかんだ現在もその文脈に沿ったお仕事をさせていただいています。今回の件で、自分の学んできたことや今後やっていくべきことと社会を結びつけて考える良いきっかけになったかなと思いました(分野的に当たらずも遠からずといったところで)。

「自分はこれがやりたい」という確固たる意志でもって決定した進路ではけしてなく、正直すべて成り行きでやってきて、その点について長年コンプレックスに感じる部分があったりもしたのですが、いい加減ウダウダ言うのをやめて腹をくくろうという気持ちにさせてくれました。

あまりに不謹慎&自己中心的ですが敢えて言えば、個人的には今のタイミングですごく良かったなと思います。

きっかけとしてのコロナ禍

コロナ禍によって生じたささやかな個人的内面の変化についてざっくり記録しておきました。人間の成長とか変化って、徐々にそうなるというよりはむしろ大なり小なり何らかのきっかけがあって生じる不連続なもののように思います。

ネガティブな出来事も、何らかの形で成長の糧とできればそれが理想ですね。今の特殊な状況下だからこその気付きもきっとあると思います。極力自覚的に生きたいものです。