低空飛行

気負わず背伸びせず、アウトプットの練習をします。

ひきこもり生活をほんのり充実させるために

緊急事態宣言下の生活

当初GW明けまでを目安ということで政府から発令された緊急事態宣言が、更に5月末まで延長されるとの発表がありました。

私個人としては日頃から基本的にインドア趣味のため、行動自粛期間にあってもプライベートの行動としては実際そこまで変わらないような気が始めはしていたのですが、それでも大型デパートや時々行くカラオケ店が軒並み営業自粛をする中、散歩がてらふらふらウィンドウショッピングしたりひとりカラオケで発散したり彼と会ったり……、といった当たり前のようにこれまでやってきたルーティンが自由にできないことで、自分で思っていたよりも結構そわそわ落ち着かない心持ちがするものだなあと感じています。一人暮らしだと特に、基本的に朝から晩まで静かな空間に一人きりでいるわけで、こんな時だからこそやりたい作業に集中できたりする一方、毎日がとても淡々と味気なく過ぎていってしまう感じもする。

そんな中で少しでも生活に彩りを添えたいなあと思い、生活に取り入れてみたことの中でわりと良かったと思うものについて今回は書きたいと思います。

ひきこもり生活をほんのり充実させるための個人的工夫

湯船を張って、毎日違う入浴剤を使う

質の良い眠りの為には、寝る1時間半前に入浴し15分湯船にしっかり浸かると良い、ということを睡眠研究のメッカであるスタンフォード大学が発表しているというので、一人暮らしですが毎日湯船に浸かるようにしています。特に残り湯を洗濯に使うというわけでもないので入浴剤を買ってみました。「パパヤ桃源S」のジャスミン・ゆず・森林をローテーションしています。パパイン配合とのことですがこういうのってどれほど意味があるのか気になるところです。とにかく缶がレトロでかわいいのでお気に入りです。

ここ1、2週間くらいで気温がぐっと上がって、しっかり湯船に浸かるとお風呂上りはだいぶ暑いです。たまらず扇風機を出しました。

コーヒーをやめてお茶を飲む

これまでドリップタイプのコーヒーを愛飲していたのですが、在宅勤務だったり四六時中家にいて黙々と何かしていたりすると1日に何度もおかわりしてしまい、単純にカフェインを摂りすぎてしまう(そしてたまに動悸がする)のと、ドリップタイプは結構単価が高い(でもインスタントは美味しくないから嫌、かといってお湯を注ぐ以上の手間がかかるのも嫌)ということで、コーヒーをやめてお茶にしました。

朝、500 mLくらいの容量がある無印で買ったタンブラーにティーバックをぽいと入れてお湯を注げば、わりと夕方まで温かいまま飲めて、量もちょうど良い感じです。基本は緑茶ですが、今はジンジャーシナモンティーがお気に入りです。フレーバーティーもなかなか良いものですね。入浴剤もそうですが、香りの癒し効果って結構侮れんなーと思ったりしている最近です。

天気のいい日はベランダにキャンプチェアを設置して読書する

せっかく天気のいい日が続いても外出自粛と言って家にこもってしまってはなんだかとても勿体ない気がしてしまいます。ということで、折り畳み式のキャンプチェアを購入してベランダに設置してみました。わざわざ狭いベランダで……と馬鹿みたいな感じもしますが、屋外で感じるそよ風と陽の光の心地よさは侮れません。気持ちよく読書ができます。夕方に缶ビールを飲みながらぼーっとするのもまた一興。

うちのマンションと隣に立っているマンションのベランダがちょうど向かい合う形になっていなかったら尚良かったのですが、まあ言っても仕方のないことです。

どうせなら楽しく過ごしたい

思い返せば1月や2月の頃は、COVID-19の流行の兆しを耳にしつつも、その後まさか世界がこんな状態になるなんて想像もしませんでした。

先が全く見通せない状況ですが、緊急事態宣言の延長もあって、日々のほとんどを自宅にこもって過ごす生活もまだしばらくは続きそうです。

ひきこもり生活をほんのり充実させるための創意工夫について、いろんな方がSNSなどで発信されているので、いいなと思ったものはどんどん取り入れて、こんな状況下でも充実した日々を過ごしていきたいと思います。